目次へ戻る

 アフターマーケット・パーツといっても、ドレスアップが目的のもの、ドレスアップと機能を両立させたもの、機能のみのものなど様々です。
ここでは機能中心でご紹介します。

*リヤ・ディスクガード

リヤ・ディスクガード

大きいKXシリーズには標準装備のリヤ・ディスクガード。小さいKXにも欲しいという声が多いので作ってみました。
KX65はホイールサイズが小さいので、ワダチでディスクが路面に当りやすいし、ディスクにドロが付きやすい。マディーの日に1日走ったらディスク・パッドが無くなったとか、飛び石でディスクを曲げたなんて経験をした方も多いでしょう。

そんなトラブルもこれで解決。


現在は販売しておりません。

*フォークブーツ
 汎用フォークブーツ
 
 インナーチューブの傷付き予防にはこれが一番。

汎用ですのでアウターチューブ側はピッタリですがインナーチューブ側はちょっと大きいです。でもタイラップで締めれば実用上問題なし。
タイラップ4本付き。色は黒。

*強化ラジエター・キャップ

 ラジエター・キャップ(カワサキ純正パーツ)1,6kg/cm2、1,8kg/cm2

 標準で付いているラジエター・キャップは1,1kg/cm2。通常はこれで充分ですが、マディーなどヒートしやすい状況の時は高圧タイプのラジエター・キャップに換えるとヒート予防に効果があります。
 水の沸点は大気圧1,0kg/cm2の時は100度ですが、気圧が低くなれば沸点は下がりますし、気圧が高くなれば沸点は上がります。

 よく高い山の上など気圧が低いところでは米をうまく炊けないという話を聞きますが、これは沸点が低いためです。液体は沸騰した温度以上には上がりませんから、例えば100度になる前に沸騰してしまう高い山の上ではうまく米は炊けない訳です。

 逆に、気圧が高くなれば100度を超えても沸騰しません。この原理を利用しているのがラジエター・キャップです。
ラジエター内の冷却水の温度が上がれば当然圧力も上がります。この圧力を逃がさず高い圧力を冷却水に掛け、沸点を上げるのがラジエター・キャップの役目です。

 1,1kg/cm2のラジエター・キャップを付けていると、大気圧1,0kg/cm2+1,1kg/cm2ということですから合計2,1kg/cm2の圧力が掛かるということになって、沸点は120度くらいになります。1,6kg/cm2だと合計2,6kg/cm2で沸点は127度くらいになります。
冷却効果は外気温と水温の差が大きいほど高くなりますから、1,6kg/cm2のラジエター・キャップの方が冷却効果が高いというわけです。

 ただし、ラジエター・キャップにはラジエター内の圧力を調整するという働きもあります。高圧力のラジエター・キャップを使う時は、冷却通路に負担が掛かりますから、ラジエター・ホースなどが劣化している場合は注意が必要です。

TEL  03−3904−6001
 03−3904−6002
  ポスト moto@msbomber.com、地図はこちらをご覧ください。
(月曜定休)

住所と地図はこちらをご覧ください。


*DRC エアーバルブ・マッドガード

 DRC エアーバルブ・マッドガード

チューブの口金のナットを締めたままでタイヤとリムがずれると、チューブが引っ張られて口金が切れることがあります。
ナットを外しておけば良いのですが、そのままだと泥が入ってしまいます。

*リム・ストッパー・ダンパー

 リム・ストッパー・ダンパー

リム・ストッパー(ビード・ストッパー)に貼り付けて、泥の進入とニップルの緩みを防止するものです。
カワサキ純正部品。

*ハイスロ改造用 スロットル・リール

 ハイスロ改造用 スロットル・リール

ノーマルのアクセル開度65°が50°になります。

手首のひねりだけでアクセル全開に出来ます。

*車高下げロッド


(ノーマル)

(車高下げロッド取り付け)
当社オリジナル・シャコタン仕様ほどは下げなくても良いが、ちょっと足付きを良くしたい。
そんな場合にお勧めなのがこの車高下げロッド。

ノーマル比で3〜4cm下がります。
KX65のシート高は、カタログでは76cmになっていますが、実測してみると±1cm位の違いがあります。
これはサスやリンクの動きの違いなどの個体差があるためです。
また、リンク周りのボルトを締めるとき、スタンドに載せて締めたか、下ろして締めたかでも違いが出てきます。
基本的には、下ろして締めるのが正解ですが、あまり気にしなくても良いようです。

*エンジン・マウント クリアランス調整用シム

  クリアランス調整用シム(0,3mm厚)

これはアフター・パーツではありません。
新車の納車整備の必需品。

 エンジンのマウント・ボルトを緩めると、フレームのエンジンマウントとクランクケースの間に必ず隙間が出来ます。

隙間が無ければエンジンが載せられないので、ある程度は仕方が無い隙間ですが、この隙間をそのままにしておくとフレームにクラックが入る原因になります。

新車の納車整備では(中古車でもですね)、必ずこの隙間にシムを入れてクリアランスを最小にしてください。当店でお買い上げのKX65には必ず入れてあります(勿論無料で)。

今までの経験では、このシムが1枚も入らなかったという車両はありません。全ての車両に何枚かは必要でした。大体ですが、1台あたり平均5枚は必要といったところでしょうか。

TEL  03−3904−6001
 03−3904−6002
 FAX 03−3904−3040 ポストmoto@msbomber.com 地図はこちらをご覧ください。
(月曜定休)

地図はこちらをご覧ください。


目次へ戻る

ボンバートップへ戻る